収益物件の現状|取引価格が上昇している投資物件をチェック

住宅

良い物件の特徴とは

模型

何を基準に選ぶか

収益物件とは家賃収入などで収益を得るために購入する物件のことです。したがって、毎月の家賃収入をいかに安定させるかが、収益を得るための鍵となります。安定している収益物件とはどういう物件でしょうか。まずポイントとなるのが、空室率です。空室になりにくい物件であれば、優良な収益物件ということができます。では空室になりにくい物件とはどのような物件を言うのでしょう。収益物件には住居や事務所などの違いがありますが、どの物件にせよ利便性はその物件の価値を決める上で重要な項目です。駅から近いとか、周辺環境が整っているなどといった利便性は、空室率を大きく左右します。つまり、利便性の高い収益物件であれば、空室になりにくいため、高い収益性を確保することができるということです。

管理が行き届いている

優良な収益物件の特徴として、しっかりと管理が行き届いているという点を指摘することができます。管理やメンテナンスが行き届いていれば、入居者も満足して利用ができるため、優良な収益物件として高い安定性を確保できます。管理やメンテナンスは、基本的には管理会社がするものです。管理人が常駐しているかどうかや、共用スペースは清潔に保たれているかどうかなど、建物のメンテナンスや状態保全はそのまま建物の価値に直結するので、しっかりと管理がされている物件は有料と言えます。それから、そうした常態の物件管理だけでなく、たとえば修繕計画がしっかりと立てられているかどうかとか、定期点検が行われているかなどもチェックポイントです。

Copyright © 2016 収益物件の現状|取引価格が上昇している投資物件をチェック All Rights Reserved.