収益物件の現状|取引価格が上昇している投資物件をチェック

家と電卓と紙幣

収益率の高い不動産とは

紙幣

収益物件を探すポイントは、賃貸需要の多い立地で安く購入できることです。築浅の中古物件にはその条件を満たすものが多くあります。また大規模マンションのワンルームタイプの部屋も、資産価値の高さと共に人気を得ています。

詳細を読む

良い物件の特徴とは

模型

収益物件で安定した利益を確保するためには、どんな物件を購入するかがとても重要です。入居者がしっかり入ってくれる空室の少ない物件を選べば、収益の安定性は増します。また、物件の管理が行き届いているかどうかも大切です。

詳細を読む

総合的に判断してから

マンション

家賃収入を目的にしている収益物件は、すぐに稼げるものではありません。ある程度時間が必要になりますので、業者をきちんと選ぶことを忘れてはいけません。今後も収益物件を利用する人は増えていきますが、情報を集めて総合的に判断することが必要になります。

詳細を読む

地理的位置の優位性

外観

訪日観光客の増加

日本では行政サイドが訪日観光客の誘致に力を入れているため日本を訪れる観光客の増加に著しいものがあります。大阪は東京よりもアジアに近いということや海外観光客に人気のある京都に近いということで訪日観光客の増加の恩恵を受けています。付近のレジャー施設の入場者数の増加も大阪地区の評価を高める効果に繋がっています。したがって不動産価格にも影響が現れており収益物件の取引価格が上昇しています。大阪地区は以前から商業の町ということで必ずしも商業施設以外の収益物件は多くはありませんでしたが、最近は海外からの投資マネーの流入もあり様々な用途の収益物件の取引が行われるようになってきています。大幅な円安になっていることも一つの要因です。

宿泊施設の不足が顕著

大阪地区では宿泊施設の不足が顕著となっており、各地で宿泊施設の計画が目白押しとなっています。最近の宿泊施設の建設においては所有者とオペレーターの分業による開発が増加しています。したがって投資家にとっては収益物件の投資の組み立てがし易くなっているということができます。信頼できるオペレーターの運営する宿泊施設は宿泊料金を高く設定できるため投資家にとってはオペレーターに委託する運営委託料や場合によってはサブリース料金を高く設定することが出来るからです。現在の行政サイドによるビザ発給の緩和等の施策が継続することが見込まれていますので、訪日観光客の増加は今後とも継続することになりますので収益物件への投資には追い風が吹いています。

Copyright © 2016 収益物件の現状|取引価格が上昇している投資物件をチェック All Rights Reserved.